冷え性対策♪今すぐ冷えを解消したい時のツボ押し3step

「寒過ぎて…手や足が冷たすぎて…辛い。」こんなときありますよね?

体が冷えると、私たちは体を守るために多くの気力、エネルギーを消費しています。そのため、やるべきことが手につかなかったり、寝付きが悪く、眠りも浅くなって、体が充分に休まらない。そんな悪循環に陥ってしまいます。

今回は、そんな悪循環から抜け出して、冷えが気にならない健やかな毎日を送るための「3ステップで体を温めるセルフつぼ押しマッサージ」のやり方をご紹介します。

ぜひ、実際にやりながら読み進めていってください。終わる頃には、驚くほど体が温まってると思いますよ。

どうぞ温まってってください〜。

目次
1:ツボとは?
2:ツボを押すときのポイント
3:今すぐあったまるツボの位置・押し方・流れ3step

ツボとは?

実際にツボ押しをする前に、そもそもツボとはなんなのか?お話しておきますね。

東洋医学では、「気」「血」「水」の3要素が健康を支えている。と言われています。

  • 「気」…体の中をめぐっているエネルギー(気力)
  • 「血」…栄養や酸素、体熱を循環させる血液
  • 「水」…老廃物を体外へ放出するためのリンパ液、尿など(血以外の水分)

この3つの通り道を「経絡(けいらく)」と言い、その経絡上にある重要なポイントが「ツボ」です。ちなみに、一般的には「ツボ」と呼ばれることが多いですが、東洋医学では「経穴(けいけつ)」と言います。

「気」「血」「水」の循環が滞り、「経絡」に老廃物が溜まってしまうことで、心や体に不調を引き起こします。

「冷え」もその症状の1つですね。

「冷え」の場合は、体の末端の手や足まで充分な血が行き届いていないのが主な原因です。なので、ツボを刺激して、血管を広げ、血行を促進することで「冷え」を解消することができます。

体内の老廃物を流すこと。血液を循環させることを意識しながらツボを刺激していきましょう。

ツボを押すときのポイント

実際にツボを押すときのポイントは3つです。

  1. 自分の気持ちいいポイントで
  2. イタ気持ちいいぐらいの強さで
  3. 押すときに吐く
1:自分の気持ちいいポイントで

この後、冷えを解消するためのツボの位置をご紹介しますが、ツボは人によって、微妙に位置が違います。

あまり細かい位置に囚われ過ぎずに、指定した位置の近辺を軽く押してみて、自分が気持ちいいポイント「ツボ」を見つけてください。

2:イタ気持ちいいぐらいの強さで

自分の気持ちいいポイント「ツボ」がわかったら、イタ気持ちいいぐらいの強さの圧を加えましょう。

3:押すときに吐く!

6秒ぐらいかけてゆっくり息を吐きながらツボを押す。4秒ぐらいかけて力を抜きながら息を吸う。

まずは、これぐらいを目安にツボ押しをしてみてください。ゆっくり深呼吸しながら刺激していって、体が徐々に温まってきた、気持ちよくなってきたのを感じたら、あとは、自分が心地いいリズムでツボ押しをおこなっていきましょう♪

今すぐあたたまるツボの位置・押し方・流れ3step

それでは、ツボの具体的な位置と押し方、流れをご紹介していきます。

写真のように、あぐらをかいた状態、もしくは椅子に座り、足をもう片方の足の太ももに乗せてください。

次に、手をこすり合わせて、ツボ押しする手を温めたり、手のひら全体や指をつかって足全体を軽くもみほぐしてあげましょう。急激に圧を加えて、体、筋肉がびっくりして固まらないための準備運動です。

軽く足全体をもみほぐしたら、早速ツボを押していきましょう。

step1:湧泉(ゆうせん)

「生命力の泉が湧く」という意味のツボです。血管を広げ、血のめぐりを良くしたり、リンパ液など体内の水分を全身にめぐらせる効果があります。まずは、足裏から血、活力を全身にめぐらせます。

見つけ方:足裏のふくらみの間のくぼんでいる位置

押し方:押しやすい方の手の親指の腹でツボを押さえ、もう片方の手を軽く添えてください。足先をめがけて、ゆっくり6秒ぐらいかけて息を吐きながら、イタ気持ちいいぐらいの強さで押し、ゆっくり息を吸いながら、力を抜く。これを5回〜10回ぐらい繰り返しましょう。

step2:八風(はっぷう)

自律神経の乱れを正常に戻し、血行を促進させるツボです。特に足先の冷えを解消するのに効果的です。

見つけ方:足の指と指の間

押し方:まずは、親指と人差し指or中指ではさんで、押し揉んでください。そのあと指先の方に向かって、引っぱりながら抜く(離す)。これを、写真のように1→2→3→4→1→2→3→4…の順番で、はさんで、揉んで、引っぱって、抜いて♪と、リズムよくおこなうとサッパリして気持ちいいです。これを、5〜10往復ぐらいおこないましょう。

step3:三陰交(さんいんこう)

経絡が3つ重なったところにあるので、三陰交と呼ばれています。経絡が3つも重なっているツボなので効果も高く、「万能ツボ」と言われています。もちろん、冷え解消に良い血行促進効果もあります。

見つけ方:内くるぶしから指4本分ぐらい上を目安に、足内側のくぼんでいる位置

押し方:親指で、気持ちいいポイント(ツボ)を軽く押さえてください。ツボを押さえたまま、手首をゆっくり手前に回し、てこの原理で親指を入れ込むように押します。このとき、もう片方の手を添えて両手で持つとやりやすいです。ゆっくりリズミカルに10回程度繰り返しましょう。

これを両足おこなってください。

1通りツボ押しが終わったら、背筋を伸ばして、深呼吸しながら、全身に血液がめぐるように肩をぐるぐる回せば、気分さっぱり、体ほっこりです♪

ツボ押し後は、常温の水や白湯、ハーブティーなど、水分を摂ることで、デトックスできて、体内の循環もさらに良くなるのでぜひ〜。

まとめ

いかがだったでしょうか??

ご紹介した流れどおりに、気持ちいいツボを気持ちよく刺激できていたら、体が温まったと同時に、気分もスッキリしたんじゃないかなぁと思います。まだの方はぜひ試してみてくださいね。

継続的にセルフつぼ押し・セルフマッサージすることで体の循環が良くなり、根本的な体質改善につながります。

また冷えが気になったとき、入浴中、入浴後などにおこなってみてください。体が温まり、気分もスッキリするので、活動前、仕事前などにおこなうのもおすすめです。

あとは、人にやってもらうのも気持ちいいですよ〜。当店のようなリラクゼーションサロンで足つぼを受けたり、家族や恋人とやり合ったり。ぜひとも、日々のヘルスケア、冷え解消にお役立てください♪

関連記事

最近の記事

PAGE TOP